投稿

6月, 2020の投稿を表示しています

共同通信さん記事の補足

イメージ
共同通信さんにMt. Apoにおいて現地取材を受けました。
下の写真は、BACOFA  Coop組合長マリビックの家。ここで作業や会議が行われます。

私はフィリピンに15年ほど住んでおり、省庁の副大臣クラスの人から大勢のフィリピン人を知っていますが、それらを含めてもマリビックは、この人は優れた人なんじゃないかと思われるものがあります。

明るいフィリピン人をして、「マリビックを見ているとこっちが明るくなる」と言わしめる人です。人が集まるのは、人柄によるところが大きい。マリビックがいれば、Mt. アポのコーヒー生産は大丈夫、ミンダナオ島全体の農家組織連盟が出来ても良いリーダーになるだろうと思っています。(マリビックについては長くなるので、別途書くことにします。)







記者さんを案内して、マリビックのコーヒー畑へ。
草生栽培(雑草を低密度で維持し土壌を保全する)を推奨しています。
途中、ヤギが寄ってきました。こういう人懐っこいのは珍しい。





 2019年年末の地震で、テント暮らしを余儀なくされている家族がまだいます。
コーヒーの選別作業(といっても素人なので、機械的なサイズの選別)が生計の足しになっています。
優良農家アマバさんの家も、部分倒壊。裏は、斜面でもっと壊れています。
馬は、無事でした。

日本の自家焙煎店さんで、コーヒー教室を行い、コーヒーに関する知識や技術を普及している様子を農民に共有。(この時は富山県桝カフィさんの事例)



記者さんと夕方5時までのダバオ市内に戻り、2人とも服を着替えて天皇誕生日の式典に参加。日系人会学校の美しい合唱(ボルテスファイブOP曲など)が花を添えました。


さて新聞の記事の補足
2020年6月26日付 Sankei Biz(Web版)
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200626/mcb2006260500003-n1.htm
タイトル:比のコーヒー豆を日本へ 邦人が指導しブランド力向上

1.マリビックの家の標高
原 文:1,300m
修正後:1,480m
南ダバオ州バンサラン町アポ山のコーヒー生産地は1300m(アメリータの家)~1700m(スター地区)。
ドラフトを事前に確認しておきながら、私が見落としました。
記者さんの文章に間違いがあるわけがないという思い込みがありました。
申し訳ないことをし…

植物検疫証明書取得 カカオニブ編

イメージ
6/26(金)午前9時30分。ダバオ市内のカカオ農協さんより、ニブ50KGがデリバリ。 片道1時間もかけて50KGを運ばせて申し訳ない。いつかお礼するから待っていて。

袋を移し替えるとチョコレートの香りが部屋に広がる。
「良い香り。おーすごい。日本の人にもこの香りを経験してもらいたい」というのが率直な感想。

珍しく、ササ港のゲート前で混雑。

混雑を抜け、植物検疫サービス部(Department of Agriculture, Bureau of Plant Industry, Plant Quarantine Service)へ。

カカオニブは、カカオ生豆を焙煎してクラッシュし、殻を除去したものである。従い、生ものではないので、日本側では植物検疫証明は不要かもしれない。しかし、なんとなく取得しておくと安全という思考がある。

必要事項を記入していると、中身の確認が始まる。虫もカビもないため、確認作業は即終わり、シールする作業になる。

植物検疫証明を取得後、シールにOKの意味でサインをする。サインをしているのは、Faith。もうここに勤めて4年くらい(途中マニラ勤務)。写真では目を合わせてくれません。ツンデレですが、一般のフィリピン人と同じく親切です。




これにて業務終了。
ですが、ニブを持ってきたので、そのニブで作ったチョコレートを食べてもらおうと、人数分をおやつに提供。


チョコレートのパッケージに、ジョークが書いてあります。
例えば「冗談でもいいから、私を好きになって(Mahalin mo ako kahit biro lang)」などと書いてあり「ワハハハ」「誰に渡せばいいんだ、Faithか?」などと盛り上がる。

笑い声の聞こえる事務所を後にした。
コロナ以前は、中に入って手続きや検査をしていたのですけどね。


帰りも、コンテナを運ぶトラックでゲートは混雑。



共同通信社さんに取材を受けました

イメージ
以前に、共同通信社さんがミンダナオ島アポ山まで来られ、弊社の取り組みに関して取材を受けました。その記事が日本の各新聞社さんで紹介されたようです。以下、一部抜粋。



かつてコーヒーの生産が盛んだったフィリピンは、19世紀末に病気や害虫で生産が激減した苦い経験がある。しかし味は良く、需要も手堅い。現地在住の日本人男性がその成長性に着目し、輸出会社を設立した。品質を高めるノウハウを農家に教え、日本に販路を広げている。

記事全文はこちらからどうぞ。

比のコーヒー豆を日本へ 邦人が指導しブランド力向上(記事全文)


もうすぐ、生豆を日本に輸出します。

そして来月は、日本に帰国予定です。

帰国中は弊社の取り組みや、コーヒーやカカオなどのことについて講演やミンダナオ島産のコーヒーを飲みながら、私と語る会もやりたいと思ってます。

ご興味ある方は、coffee@pmcei.ph までご連絡ください。


コーヒーの原産地証明の取得について 昨年のドタバタ劇 20200613

イメージ
原産地証明は取得できるか? 
コーヒー生豆の輸出にあたり、取得・作成しなければならない書類以下の6種 1) 植物検疫証明(Phytosanitary Certificate) 農業省発行 2) 原産地証明(Certificate of Origin) 貿易産業省発行 3) 請求書(Commericial Invoice)自社作成 4) パッキングリスト(Packing List)自社作成 5) Export Declaration 税関発行 6) Bill of Lading 通関業者作成
昨年は原産地証明の取得に苦労しました。 昨年の輸出における原産地証明絡みの2大問題 1) 原産地証明の発行元がマニラ(貿易産業省本庁) 2) 原産地証明発行のためには税関が発行するExport Declarationが必要と言われ、一方、Export Declaration発行には原産地証明が必要と言われる。ニワトリと卵どっちが先か状態。
昨年の原産地証明の取得から出港までのドタバタを記憶を頼りに書いてみます。
1.原産地証明の発行元 一般的に原産地証明は税関(ダバオ市内)が発行する。手続きは通関業者に任せで良い。しかしコーヒーは異なる。国際コーヒー機関(ICO)と国際的な協定が結ばれており、フィリピンでは貿易産業省が窓口。
2020年2月の時点でICO参加国 輸出国:43 輸入国:33(うちEU28か国) http://www.ico.org/members_e.asp?section=About_Us なお、世界最大の消費国USAは加盟してない。 中国は輸出国にも輸入国にも加盟していない。
2.貿易産業省ダバオ地方事務所 太田:「今年も原産地証明発行をお願いにきました」 ロエル氏:「実はダバオ地方事務所に発行権がなくなったんだよ。マニラで手続きして」 太田:「昨年は発行してくれたじゃないですか」 ロエル氏:「制度が変わってねえ」 ・・・・ 太田:「原産地証明が、マニラでしか発行されないそうなのですが」 マリエアン氏:「マニラの担当者が友人だから聞いてあげるわ」 本庁で発行されることには変わりがないが、友人の方に繋いで頂いた。
3.マニラの貿易産業省本庁へ 別件でマニラへ行った際に表敬。 貿易産業省輸出マーケティング局(マカティ市ヒルプヤット通り)にMs. Suraida U…

植物検疫証明の取得(2)

イメージ
植物検疫証明を取得するレポートその2です。
6/10に検査が行われ、即日発行されました。
Inspection was done in a few minutes and the Phytosanitary Certificate was issued in one hour after the inspection.
<要約>
・検査3分
・書類手続き約40分。
・費用はP510 ペソ(=約1,100円)(検査費500ペソ、書類10ペソ)

前回の続きから
6/10(水)午後になっても来ないので電話を入れると、6/11(木)の9AMでも良いかと予定の変更を提案される。

翌日6/11 9AMになっても来ない。しびれを切らせて10時半に電話をすると、「連絡を待っていた」という回答。それは、受け身すぎですよ。先日のPLDT(電話会社)の下請業者のように連絡無く来て、勝手に壁に穴を開ける大胆さの一部でもこの人に欲しい、と思った。フレンドリーなフィリピン人と一口に言っても距離感は人によるなあ、等と考えていったら、電話口の人が変わり、これから来るという。

20分後「近くまで来ている」と電話が入った。
家の外で待っていると、エンジン音を響かせてやってきた。
Mr. Neil C. Benico検査官。

家に案内し、コーヒー生豆を見せる。
すべてが完全な荷姿になっていたわけではないが、特に注意はなかった。
虫やカビなどが無ければ検査官には問題にならないのであろう。


Mr. Neil:「(輸出するのは)どれ?」
Ota:「白い袋、一部はグレインプロのまま。全部で42袋。開けますね。(どれにしようかな。マリビックにするか・・・)」
Mr. Neil「いいね!」
Ota:「いいでしょ。フィリピンも品質が良くなって・・・」
Mr. Neil:「どこから来たの?」
Ota:「全部Mt. Apo、南ダバオ州バンサラン町。BACOFAっていう農協があって、毎年品評会の上位の常連。フルーティーでしょ・・・」
Mr. Neil:「じゃあ、申請に来て」
Ota:「(もう終わり?もっと豆を見ていってよ。)先日の申請で袋の数量間違えた。41袋と記入したけど、42袋が正しい」
Mr. Neil:「じゃあ、修正して」
Ota:「(そっちで直してくれないんだ。他は良いのだけれど、この手続きだけが2度手間だった…

新型コロナのコーヒー農家や関係者に対する影響

イメージ
新型コロナウイルスのため、2つのコーヒーイベントが中止になりました。
1つはフィリピンコーヒー品質コンペティション(Philippines Coffee Quality Competition) 2020(以下品評会)で、もう一つはフィリピンコーヒー展示会(以下、展示会)です。どちらも、ミンダナオ島ダバオ市で開催予定で地元では盛り上がっていました。
政治経済の中心がマニラにある中で、開催地がダバオであることは画期的でした。その背景に、昨年2019年の品評会において、Top10すべてミンダナオ島の生産者(アラビカ部門)が占めたことが挙げられます。コーヒーに関しては、重心がミンダナオ島に移ったことが見てとれました。実際にコーヒー生産量(ロブスタ、アラビカ、エクセルサ、リベリカ4種)の約8割がミンダナオ島産なので順当とも言えます。お陰で、表彰されるであろう農民の交通宿泊費を圧縮することが出来ます。
さて、4月2,3日にコーヒー展示会を行い、その最終日に品評会の結果を発表する段取りでした。弊社も参加予定で、ブースの位置をBACOFAの横にするかと思案しておりました。また、日本やベトナム国からお客さんや友人を呼び、生産地視察ツアーを実施しよう計画を練っている最中、新型コロナウイルスにより封鎖が即断行されたわけです。
<被害と影響> 1. コーヒー農家
収穫期が10~12月、収穫後処理も3月までには最盛期を終え、新型コロナの影響はなかった。また、フィリピンではコーヒーは小規模農家によって生産されており、季節労働者は存在しない。従い、来年以降の生産量(収穫量)や価格に対する影響は影響はないと考えられる。しかしながら、以下2点で、今年は影響があった。

1)品評会に提出した生豆の販売機会の逸失 1農家当たり180KGの生豆を貿易産業省に提出。南ダバオ州の生豆は農業省ダバオ地方事務所の倉庫にて2月から保管。先日(6/5)に関係各所と調整してやっと倉庫を開放。農民が引き取っていった。インターネットオークションは開催されない。 対応:ダバオ地方コーヒー評議会がFBで購入申し込みを呼びかける。


マリビックの品評会エントリー豆は、封をあけるとフルーティーな香りが広がった。IKAWAホームロースターでサンプル焙煎。風味も甘味、ワイン感があり、クリアで欠点はなく個人的には86、87点。(美味しさだ…

植物検疫証明書の取得(1)

イメージ
コーヒー生豆の輸出手続きにおける植物検疫証明書の取得の方法について2回に分けてレポートします。
2020年6月5日(金)農業省ダバオ地方植物産業局国家植物検疫サービス部(Department of Agriculture Bureau of Plant Industry Region No. XI, national Plant Quarantine Service)へ、検査の予約のお願いに行った。
輸出前はもちろん日本に生豆を持ち帰る前にも植物検疫証明を取得しています。数量が大きな場合は、検査日と時間を植物検疫サービス部相談して決定します。ハンドキャリーで飛行機に持ち込む場合は、その場で検査して密封シールしてもらい証明書を発行してもらいます。(所要約1~2時間)


同部は地図で示されたダバオ国際空港の近くの海岸沿いに事務所はあります。(なお、対岸のサマール島との海峡部分が狭くなっているところに、中国のODAでエクストラドーズドタイプの橋梁を建設することになっていますが無事完工するか心配です。)
到着まず、ゲートで横で手を洗えと指示。 器用に水道を改良して、手洗いを設置しています。


Quarantine Ladiesがいる部屋。たまたま停電でした。 非常に明るく親切なQuarantine Ladiesがいます。


記入事項 氏名、会社名、住所、電話番号以外に、下記の情報を記入させられます。 Common Name (品名) Scientific Name (学名) Description & No. of Package(荷の重量、袋数) Source of Plant / Plant Produced(植物名) Name & Address of Consignee (荷受人の氏名・会社名、住所) Date & Place of Inspection desired (検査希望日) Port of Entry (到着予定先) Means of Conveyance (輸送手段) Flt No. / Voy No. (便名または船舶名) Departure Date (出発日、出航日)
便名が決まっていなかったら、To be decidedでOK。 出発日も適当でOkです。数日の遅れは問題になりません。ただし何らかの理由で、日数に大きなずれが生じた場合は再発行を依頼…