スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

天皇誕生日祝賀会 於ダバオ市 2024年2月15日

 15 日(木)、天皇誕生日祝賀レセプションがダバオ市 SMX コンベンションセンターにて開催された。主催は在ダバオ日本国総領事館。地元政界、財界、日本人商工会議所、日系人会など 300 人以上が参加。さらに、北九州市、泉南市、浜松市から大勢の人や企業が参加し「ダバオ新時代」を予感させられた。 挨拶は、石川総領事、キタインダバオ副市長(バステ市長の代理)、山本泉南市長の 3 名。 冒頭の挨拶で、石川総領事は、北九州市、泉南市、浜松市からの参加各企業や団体に対して感謝の言葉を述べた。 山本泉南市長は「日本全国の市町長の中で一番フィリピンが好きなのは私( Among the mayors, I am the one who loves the Philippines most )」と言い切った。   石川総領事、キタインダバオ副市長、山本泉南市長による乾杯の音頭。 北九州 ダバオ市とは環境姉妹都市。日本の近代化を支えた歴史があり、また環境汚染を克服しノウハウを蓄積してきた。 JICA 草の根スキームで、家庭ゴミの減量、収集、リサイクルの効率化を目的としたプロジェクトのフェーズ2が実施中。また、WTE( Waste to Energy )も提案されている。共和国法 8749 ( Philippines Clean Air Act 大気汚染防止法)で、ゴミの一切の焼却を禁じている。そのため埋め立て地の確保や輸送に多大なコストを要する。   環境先進都市の北九州の事例やダバオ市内における活動から学び、全土へ適切なゴミ処理方法が横展開することが望まれている。   泉南市 2023 年 4 月に、ダバオ市と姉妹都市締結。関西国際空港の一部は泉南市で、関西経済圏の玄関口。何がすごいって、山本市長 33 才が、もとパヤタスのゴミ山で日本の老舗NGOソルトを通じてボランティアをしていた縁から、フィリピンへの思い入れ、フィリピン愛が強い。 2022 年 4 月 24 日初当選。当時最年少で、初の平成生まれの首長となった。   連れてくる市職員や企業関係者も若くて元気が良い。グローバルトレーディング、マルユウ、 Prime Aid 、双日、東部トップツアーズ、 With the World 、不二製油の関係者がダバオを訪問。 ・交流中の学

最新の投稿

フィリピンへの日本人の移民120周年及びPNLSC20周年記念

JICAメトロダバオ包括持続的マスタープラン合意文書署名式

共同通信で報道されました

早稲田摂陵高等学校の生徒が環境フェアに出展 

クラウドファンディング 2023年募集期間終了

クラウドファンディング残り1日

Kapeco Project(2023年)クラウドファンディング公開しました

PCQC2023 結果発表