スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

BACOFA MIXの作られた地域社会

商品が生産された地域社会の説明  BACOFA MIXナチュラル (商品番号02)  ミンダナオ島アポ山のコーヒー(ナチュラル)の特長  1)甘味、2)明るい酸味、3)ワインのような発酵感   BACOFA Mix ナチュラルは以上の特長を強く表現しています。 まず産地のナチュラルに共通する特長を知って頂くためにお勧めしています。  プロファイル  生産地:ミンダナオ島南ダバオ州バンサラン町アポ山  標高:1400m~1600m  生産者:BACOFA農協(3名の農家)  品種:アラビカ種カティモール 精製:ナチュラル(果実をつけたまま約1ヶ月間天日乾燥させます)  収穫:2019年10~12月  風味:甘味、明るい酸味、果実感、ワインのような発酵感あり。   生産者 Ms. Cristina Orcullio (年齢?) 1450~1500m。  Mr. Merlito Banados (54才) 2ha、1550~1600m。妻1人子供1人。町の平野部では野菜の栽培を行っています。  Mr. Sandlar Catigbe (60才) 3ha、隣村で山向こうの徒歩1時間半の距離に畑があります。 BACOFA Coop (以後「農協」) 1) 価値規範   品質  この農協の特長は品質重視です。 2016年3月に在庫が積み上がっているのを見て、「売ることがこの村、農協の最大のニーズ、品質を高めて日本で売ってみよう」と私は現地と日本を行き来し、品質向上に努めました。 以前はコーヒーの品質に無頓着。選別をせずに出来た生産物をP135/KGで売っていた。そこで、選別したコーヒーを当時としては高値(P200/KG)で買い上げたり、KeyコーヒーOBの方に現地で選別トレーニングを行って頂いたりしました。 2016年11月の第2回フィリピンコーヒー会議(於Baguio市)にてフィリピン国で初めての品評会が開催されMs. Marivic Dubria (以後「マリビック」)のコーヒーが優勝。以後、農協には待っていても注文が入るようになりマーケティングが楽になった。品質重視も浸透していった。現在はフィリピン国コーヒー品評会(Philippines Coffee Quality Competition)において毎年上位入賞する農家を輩出している。2018年は優勝、6位、20

最新の投稿

フィリピンから日本へ帰国(5)番外編 アパホテル隔離3日間中の食事

フィリピンから日本へ帰国(4)ホテル隔離3日間~空港へ戻り~都内移動(NearME利用)

フィリピンから日本へ帰国(3)羽田空港到着~アパホテルへ移動 

5/22(土) @コバカバ鎌倉ミンダナオフィリピンコーヒーフェア(最終回)のご案内

5/15土 @福来鳥 @カフェ鎌倉美学 鎌倉ミンダナオフィリピンコーヒーフェアのご案内

フィリピンから日本へ帰国(2)ダバオ~マニラ マニラ~羽田空港