スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

フィリピン国コーヒー品評会2022年 結果発表

 フィリピン国コーヒー品評会( Philippines Coffee Quality Competition 2022 )が 3 月 18 日(金)、ダバオ市 Waterfront Insular ホテルにて開催された。   主催はアメリカ農務省系 NGOの ACDI-VOCA 、フィリピン国貿易産業省( Department of Trade and Industry 以下「DTI」 )、農業省( Department of Agriculture  以下「DTI」)、 The Barista and Coffee Academy of Asia, Inc. ( BCAA )。民間団体 Philippines Coffee Guild (以下「 PCG 」)も準備委員会に協力し審査や運営を支援した。 目次 1.要約 2. 参加者の分析 3. 受賞者 4. 関係者のコメント 5. 参加自家焙煎店 6. ブース出展団体 7. 総評 なぜBACOFA農協は強かったのか? BACOFA Coop揃って記念写真 (全体の表彰ではありません。式全体の終了後BACFA Coop1団体と農業省、貿易産業省の関係者とが記念撮影をしている様子です。) 2. 参加者の分析 アラビカ種45、ロブスタ種41、エクセルサ種1、リベリカ種0、混合0人。 出品の最低数量は当初180KGとアナウンスされたが、後に収穫状況を考慮し120KGに下げられた。2018年の参加者数が最も多いのは、提出する数量が少なかったためである。2019年~2020年は180KGに引き上げられ、2021年~2022年は120KGであった。 PCQCの年ごとの参加者数及び品種 今年は87出品 Region別提出量 ダバオ地方の25出品が最多。なお図には表れない情報ですがBACOFA Coopだけで15出品(12個人、3団体)とよく対応しました。2番目にBukidonon州を擁する北ミンダナオ地方の15、ソクサージェン地方の10、CARの9、Region1と2が同数で6と続いた。 Region別、プロセス別のエントリー 今回初めて、WashedがNaturalを上回ったように見えるが、統計に間違いがある。Region11に関しては、Washedでカウントされた3名が実際はNatural Processで提出していたことが

最新の投稿

Bataan州Orion町コーヒー生産者訪問の記録