投稿

2019の投稿を表示しています

ミンダナオ島地震2019 概要及び個別の事例 (国際赤十字、国連の情報及び現地インタビュー)

イメージ
フィリピン火山地震研究所(PHILVOLCS)によると、16日(M6.3)、29日(M6.6)、31日(M6.5)を記録。M5、6クラスの余震も続いていた。震源地は北コタバト州トゥルナン町近くで、同町、キダパワン市、マキララ町、南ダバオ州バンサラン町で被害が大きかった。
■概要(10月31日) 影響 29349世帯、146,745人、149バランガイ、ダバオ地方及びソクサージェン地方 避難(避難所): 4,127世帯、20,635人 避難(避難所外):1,370世帯、6,850人 死者:17人 怪我:327人 行方不明:2人 家屋:全壊6,429、一部損壊20,921 学校:全壊2、一部損壊755 医療施設:全壊0、一部損壊37 他の公共施設:全壊4、一部損壊26 道路・橋梁:全壊0、一部損壊16 (参照:International Federation of  Red and Red Crescent Societies,  Cross、2019年10月31日付 https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/MDRPH036ea.pdf)

■概要(11月4日) 影響 188,000人、240バランガイ、 避難(避難所): 24,000人 避難(親類宅など):7,500人 *マキララ町では、100,000人以上が影響を受け、テント生活を余儀なくされている。     特に8つのバランガイでは全員が避難した。
死者:22人 怪我:420人以上 家屋:全壊21,000、一部損壊7,200(筆者注:数字が逆と思われる) 学校:870以上 医療施設:70以上 他の公共施設:80以上 道路・橋梁:25か所
United Nations OCHA、Flash Update No. 3 Philippines: Tulunan, North Cotabato Earthquakes As of 4 November 2019, 5pm  https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/20191104%20Flash%20Update%20no.%203%20Tulunan%20North%20Cotabato%20earthquakes.pdf…

皆様感謝申し上げます/Thank you for your support

イメージ
フィリピンの品評会で、支援してきた団体が1位(アポ山BACOFA)、2位(カラトゥンガン山Milalittra)となりました。(1団体で複数ロットの提出可でしたので、BACOFAは4位、6位、7位、10位も受賞。)

思い返せば3年前、初めてMt. Apoのバルタカイ地区の産地を一目見て、「ここにしよう」と決めました。優柔不断な私にしては珍しい即決でした。昨年は2位になった団体の地域も見て好きになってしまいました。現地で素晴らしい人達にも会うことが出来たことも要因でした。



発表から1週間の間、いろいろな方からアドバイスやご支援を頂いたことを思い返しておりました。生豆選別、乾燥、試飲、生育、収穫、販売方法、カスカラ、保管、焙煎、輸入、配送、出展、取材とメディア掲載、人の縁を繋いで下さった方、事務をして下さった方・・・。一人では出来ないことです。




批判も頂戴致しました。それらは改善に役立てる動機となりました。(基本的に批判をして下さる方は知識経験がおありで、貴重な意見として受け止めますので、今後も率直に批判して頂ければ有難いです。)皆様本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます。
比国のコーヒー産業はコーヒー先進国と比較すると「大人」と「赤ちゃん」のような差があります。来年以降増加するコーヒー果実の収穫を処理するには資機材が圧倒的に不足しております。すると、農協が農民の持ってきたコーヒー果実を買えないわけです。年に1回しか収穫出来ないのに、これでは痛い。また、品質安定化の為、工程や基準も設定していく必要があります。
一方で、今後日本では、農園単位乃至農協の各個人のレベルまでトレースできるような顔の見える販売体制の構築を目指しております。
生産から消費は1本の線でつながった一体的なものであり、日本側の意見は改めて応用するための知見として現地にフィードバックさせて頂きます。それら意見によって、農家個人は割合早く意識を変え、また農協組織内、農協-地方行政、民間企業間連携などの変化を起こし、社会は効率的で強靭となっていきます。弊社PMCEIは、これらの変化のプロセスを媒介致します。また、開発活動が1つの地域社会で完結せずに、バリューチェーンとして国を超える場合の開発の方法論は、どのようなものかという問題意識を持って取り組んでおります。

支援していた生産者団体が1位、2位に! Philippines Coffee Quality Competition 2019. まにら新聞に掲載 (2019/3/25)

イメージ
Philippines Coffee Quality Competition開催
ミンダナオ島のアラビカコーヒー生産団体が躍進 <まとめ>
・1位、アポ山、BACOFA農協  2位、カラトゥンガン山、Milalittra ・アラビカ部門:ミンダナオ産が1位から10位を占める。
・ロブスタ部門:ルソン産とミンダナオ産がほぼ互角。
・生産者農民の声
・日本人の声・所感
・その他(課題、関連動画、購入、問合せ方法)など。


まにら新聞に本日(3/25)付で掲載
Published in Manila Shimbun, Japanese News Paper for the Japanese in the Philippines on March 25.
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news243930.html

以下、記事に加筆修正
The following is the article but some information are added.
23日、2019年Philippines Coffee Quality Competitionの授賞式がマニラ市デ・ラ・サール大学において開催された。主催は比国農業省、貿易産業省、米国農務省、米系NGO ACDI-VOCAなど。

審査はQグレーダーと呼ばれる鑑定士によって国際的な方式で評価された。Qグレーダーは海外から3名、ルソン、ミンダナオから2名ずつ計7名が選出され、1週間にわたり各自数百のカップを評価した。海外の鑑定士は、初訪比で先入観がなく、また、ローカルの審査員も地域のバランスを取り公平さに配慮がされていた。
ダバオから2人の審査員が参加。 Coffe for Peaceのバイロン君とFrog Cafeの女主人ジーナ。 二人とも味覚に優れている。 彼らの出した結論なら受け入れられると納得はしていた。
■結果<アラビカ部門>順位、州、農園(農家) 優勝:南ダバオ州、BACOFA農協、マリビック(ナチュラル)85.36 2位:ブキッドノン州、Millalitra、(ナチュラル)85.06 3位:ブキッドノン州、BMMPC、Lenelyn Hupayan(ナチュラル)、84.68 4位:南ダバオ州、BACOFA農協、アウグスティン・ティムロン(ナチュラル)、84.50 5位…

What is the name of this Tree?

イメージ
Good morning! Maayong buntag.  Magandang umaga.
I posted a very beautiful trees on my FB on 12 March 2019. Many people gave comments. Some said, it is equivalent to Japanese Cherry. I thought it also. I asked the name of the tree, there was a discussion on Local name (scientific name), description.



Summary and tentative conclusion are below:
1.Golden Shower (Cassia fistula) 10 - 20m tall. Fruit: 30-60cm Legume (豆) Family: Fabaceae. *National Tree of Thailand 和名:ナンバンサイカチ URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Cassia_fistula
2.Golden Rain Tree (Kolelreuteria paniculate) 7m tall. Family: Sapindaceae. However, Cassia fistula is also called as Golden Rain Tree. 和名:モクゲンジ URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Koelreuteria_paniculata
3.Narra (Pterocarpus induicus) 30 - 40m tall. Up to 2m drunk diameter. Family: Fabaceae. 和名:カリン *National Tree of the Philippines declared in 1934. URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Pterocarpus_indicus
4.Ipe (Handroanthus) (30 Family: Bignoniacea *National Tree of Brazil 和名:イペ URL: https://en.wi…

南ダバオ州バンサラン町のおすすめホテル1選 KATES HOTEL

イメージ
南ダバオ州バンサラン町のおすすめホテル ~KATES HOTEL~
同町に用がある人は少ないと思いますが、ミンダナオ島主要都市以外のホテル情報が少ないのでアップしました。Mt. Apoや有機農業で高名なLao Integrated Farmをゆっくり観光したい人には便利です。
良さを一言で言えばロケーションと清潔さ。建物はほぼ新築で、3年ほど前から清潔さのレベルは一定に維持されています。
おすすめポイント 1. 便利なロケーション:
  バスターミナル歩3分、セブンイレブン歩1分、ドラッグストア歩1分、町役場歩3分、マーケット歩4分。 2.部屋な清潔。 3.喫茶店併設ロビー。エアコンあり。仕事のスペースとして利用可(何時間いても文句は言われない)。 4.お湯が出る部屋がある(ただしP1,500 ~)。 5.WIFIが部屋、ロビーに有り。 6.1室につき朝食が2人前付き。 7.各部屋のアメニティ(電気ケトル、蒸留水2本、歯ブラシセット、シャンプーあり) 8.ジムスペース。
なお、価格はP1,300 ~P2,500 /泊。 最安値のP1300は水シャワー、それ以外は温水、P2,00ではジャグジー有り。



P1500 温水シャワールーム








まにら新聞に掲載されました Japanese News Paper for the Japanese in the Philippines (2019 March 7)

イメージ
まにら新聞(The Daily Manila Shimbun、3/7/2019)に、ミンダナオ島のコーヒー生産の様子について寄稿した記事が、掲載されました。
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news243616.html


コーヒー自給国を目指せ (top story 4 columns) Davao Coffee
品評会に向け生豆選びに熱
ミンダナオ島の生産者



以下は、記事の構成を変更し、加筆修正。
It is about announcement of the followings:
1) Philippine Coffee Quality Competition
2) Story about Mt. Apo farmers, BACOFA Coop.
3) Characteristics of Ms. Marivic C. Dubria, a marketing officer of BACOFA Coop.

 フィリピンの庶民が飲むコーヒーは、現状では輸入したインスタント・コーヒーである場合が圧倒的に多い。このため比は世界最大のコーヒー輸入国となっているが、実は国内生産量の8割を占めるミンダナオ地方を中心にコーヒー栽培が盛んな国でもある。(ロシア、中国よりもインスタントコーヒー原料の輸入量が多い。)

比ではコーヒー自給国、さらには輸出国とすることを目指し、2017年にコーヒーロードマップ(と呼ばれる国家政策)を策定し官民連携でコーヒー産業育成に取り組んでいる。

 ミンダナオ地方のコーヒー生産者は今、3月22日にマニラ首都圏サンフアン市(Barista & Coffee Academy of the Philippines)で開催される「Philippines Coffee Quality Competition(フィリピンコーヒー品評会)」に向け、出品する生豆選びを熱心に進めている。この品評会もコーヒー産業育成策の一環で、鑑定士によって80点以上の評価が得られば、生豆は「スペシャリティ」と評価される。6位以内に入賞した場合は、米ボストンにおいてオンラインオークションにかけられる栄誉も得られる。

 昨年のコーヒー品評会では、ミンダナオ島の生豆がアラビカ部門で2位、4位、6位と上位に入選した。(ロブスタ部門…