投稿

5月, 2020の投稿を表示しています

コーヒー生豆の選別 BACOFA Coop マリビックさん

イメージ
約1年前の思い出。2019年2月、フィリピン国コーヒー品質コンテスト(Philippines Coffee Quality Competition 2019)に出品するための生豆を準備している様子。

マリビックは農作業、農協の業務、見学者対応など日中は忙しい。
この頃は朝晩、生豆を選別していた。

私は泊めさせてもらっていて、生豆をふるう音で目が覚め、生豆をふるう音を聞きながら眠りについた。これほど真剣に物事に対峙するフィリピン人を見たことはあまりない。






この選別前の段階の生豆をサンプル焙煎し試飲している。
BACOFA農協の中では群を抜いて、ワイニ―で甘味あり酸味あり特長が際立っていた。
フィリピン国内で6位以内には入ると確信した。

もう1つ少数民族の団体も良いコーヒーを作っていて、そちらも試飲していた。
美味しい。そこは小さい粒のティピカやブルボンが多く、品種の素性からくる風味の良さには敵わないのではと予想を立てていた。














結果、僅差でマリビックが優勝した。
目の前の努力が明暗を分けた。
剛腕で優勝をかっさらって行った。
すごいものを見た。おめでとう。

2位になったタラアンディグ族の団体も4位から2位への躍進。
品評会の開催地マニラから胸を張って帰れて良かった。
今後に期待が持てる。

「フィリピンのコーヒー産地から」navi manila 2月号に掲載

イメージ
マニラのフリーペーパーNaviManila(2月号、日刊まにら新聞発行)にて紹介されました。
産地としては、ミンダナオ島とルソン島ベンゲット州が取り上げられました。
https://app.luminpdf.com/viewer/5ecb116f2d058d0012e3afe1

お読みいただけましたら幸いです。










フィリピン国コーヒー生産量統計

イメージ
メモ コーヒー生産量
統計によって数字が異なりますので、整理しました。

Coffee Production in the Philippines
1. Philippines Coffee Industry Roadmap 2017-2022-30
37,727 MT (GCB) (2014)
フィリピン国のコーヒーの政策の基になっている文書

2. 2019 Production
Philippines Statistics Authority
フィリピン国統計庁の発表(乾燥果実との記載がありますが生豆のようです)
https://psa.gov.ph/non-food/coffee
From October to December 2019, production of dried coffee berries reached 31.02 thousand metric tons, an increase of 4.8 percent compared with its previous year’s level of 29.60 thousand metric tons.

3. Volume of Production,Dried Coffee Cherries base
Philippines Statistics Authority
フィリピン国統計庁の発表(乾燥果実との記載)
2010  94,536 MT
2011  88,526 MT
2012  88,943 MT
2013  78,634 MT
2014  75,454 MT

https://psa.gov.ph/sites/default/files/MajorCrops10-14.pdf
*Sum of Arabica, Excelsa, Liberica, Robusta

4. Volume of Production,Dried Coffee Cherries base
Selected Statistics on Agriculture 2019
フィリピン国統計庁の発表(2014年の数値が一致するため乾燥果実と考えられます)
Cosidered as the form of dried cherries not GCB.
https://psa.gov.ph/sites/default/fil…

Mt.Apoの野菜を住宅地で販売してみた 

イメージ
5/13 Mt. Apoから農民からキャベツを持て余すほど購入。 隣の夫婦に気軽に「売ってよ」と販売を頼んだ。 奥さん(レスティー)がキャベツの外側の葉を取り除く作業を始め、30分後、写真の光景が目に飛び込んできた。

「フィリピン人って自由だな」 販売ライセンスは無い。 道路にテーブルを出す許可もない。 柔軟に対応している・・・。お客さんまで来ている。
前日(5/12)、Mt. Apoは朝から雨。農家は昼過ぎに山を出発。 ダバオ市の他の場所に野菜を配送しFrog Cafeに着いたのは21時。 待っていたが、もう私の家まで来る時間ではない。 私の注文した野菜とコーヒーサンプルはFrog Cafeに置いて帰っていった。
Frog Cafeはダバオ初のサードウェーブコーヒー店だが、封鎖中は、野菜の集積拠点になっている。コーヒー生産者の本業は野菜農家。
ここまで来ると、Frog Cafeの行っていることは、地域全体の発展を促進させる「フォースウェーブ(第4の波)」のカテゴリさせる活動と私は考えている。コーヒーの第4の波、それは、科学的な品質の究明、楽しみ方の追求、栄養教育・・・いろいろな発展の方向性が議論されている中で、私はコーヒーを通じて、農民や行政、民間企業が地域の社会経済を1つ1つ改善し経験的能力を蓄積し、またそのネットワークを構築していくことと考えている。
自家焙煎店や消費者からのフィードバックは開発計画に反映させるため極めて重要です。これまで途上国の農村への支援は主に生産の側面が重視され、収穫後売れるか売れないかはBlack Boxである場合が多かった。

農家は、生産して市場価格で販売するだけの存在であった。今後(コーヒーでは)、購入者・市場のニーズを理解して、付加価値を高め獲得していくことになる。それは一連のバリューチェーンのなかで改善が行われ、また関係者(生産者、行政、民間企業、NPO、消費者等)のネットワークも構築され、安定的かつ持続的な活動につながっていくものと信じている。
持続的農業を担保するその地域社会は、どのような能力を備え、ネットワークを構築しているのか、それはビジョン、ミッションに関係しています。別の機会に発展の方向性と分析の視点をまた提示したいと思います。




参照 ダバオ市のお薦めカフェ4選(2018年10月25日ダバオッチ記事)
https:…

ミンダナオ島沖熱帯低気圧発生 アポ山は今日は雨です 5/12(火) 

イメージ
今朝(5/12)、BACOFA Coop組合長Marivicから動画が共有されました。 強い雨で、雨で道がぬかるんで下山出来ないとのこと。 コーヒー生豆サンプルを届けてもらい、また、野菜も購入する心算でした。
実際に、現在ミンダナオ島の東方沖に熱帯低気圧が発生中です。 山は平地よりも天候不順になりやすく、その影響と思われます。






最大風速45-55KM/時、北西に向かって時速10KMで進行中。 強雨による土砂崩れにも注意。 参考:https://news.mb.com.ph/2020/05/11/tropical-depression-ambo-to-bring-rains-to-mindanao/
天気図と進行方向から、レイテ島とミンダナオ島北西部の間のスリガオ海峡あたりを通過すると予想されます。

北に移動しているので、ミンダナオ島南部のダバオ地方は天候も良くなり、移動も可能になるでしょう。

5/12 21時追記:台風1号に発達。ビコール地方に上陸と予想されています。

封鎖中にMt. Apoから野菜・コーヒー生豆を配送してもらいました

イメージ
5/5 (火)Mt. Apoからの野菜の直販トラックにコーヒー生豆も積んでもらった。 コーヒー生産者農協(BACOFA Coop)は、農業省ダバオ地方事務所(DA RFO XI)からトラックを供与してもらったが、それが野菜の直販にも役に立っている。
日中、連絡がない。 今日は来ないのかと心配になったが、夕方連絡が入った。
マリビック組合長:「太田、今フロッグカフェにいる。お前の生豆と野菜置いて行っていいか」
太田: (明日、そこまで出向いて積み込み、また戻ってきて降ろすのは二度手間。今、農民は朝早く山を出て長距離を移動し疲れている。けれども、もう一息頑張ってもらおう。そこからここまで車で15分の距離だ。無理をしてもらおう。)
「こっちまで持ってきてくれないか」
マリビック組合長:「もうすぐ外出禁止時間になる」
太田: 「こっちまで持ってきてくれるとありがたいなあ。貴方の持っている生産者用パスは強いでしょ。」
マリビック組合長:「わかった。」
・・・・・10分後・・・・
太田:やはり疲れているかなあ。まだフロッグカフェにいるようだったら、そこに置いて行って帰ってもらおうかな。そして明日出向くかなあ・・・。
太田:「いまどこ?」
マリビック:「向かっている」
太田:「ありがとう」

バランガイのチェックポイントにいるFrontlinersに事情を話す。 太田:「もう6時で外出禁止時間だけど、農民がMt. Apoから来るんだ。彼らは農業者用のパスを持っている。外で待たせてもらうよ」
17時58分、BACOFA Coopのトラック到着。
運転手はマリビックの旦那のDoiさん。


トラックの中のマリビックが体温を測定される。





コーヒー生豆は448KGが届けられた。生産者は、Mr. Ricaldo Giturbos(300KG, Natural)、Ms. Criszalyn Casanes (100KG, Natural)。48KGは、Ms. Rosemarie Rufecio。
Brgy マナガのバルタカイ地区では下の集落から惑星の名前をつけてきた。マリビックの集落は、Pluto(冥王星)。
さらに奥地に人が定住し、その集落は"Star"と雑に名付けられた。

惑星の名前を使い切ったとは言え、雑過ぎるネーミングだ。
Starは原生林と接している、というか原生…

ほうき売りのお婆さんと心優しい若い警官訓練生

イメージ
封鎖中の心温まる話
ミンダナオ島ザンボアンガ半島の付け根、ミサミス・オクシデンタル州オロキエタ市。
89才のお婆さんがチェックポイントを通りかかった。ほうきを市場に売りに行きたいと言う。
しかし、同市では60才以上は外出禁止。新型コロナウイルスの蔓延を防ぐためである。そのため彼女は市場へ行くことは認められなった。
レイモン君(OJT中の警官訓練生)は、彼女に椅子をすすめて話を聞いた。彼女が独り暮らしで、食料など生活必需品を買うためにほうきを売りに行くということを彼は知った。そこで、彼はほうきを全部(3本)を買い、マスクと食料を渡し、バイクを見つけて家に安全に送り届けるように手配した。
「公共サービスは、年齢、性別、地位で変わることはない。必要としている人すべてに与えられる」(ミサミス・オクシデンタル州警察談)
ooo FBで彼に感謝の声が多く寄せられている ooo
*4月5日投稿。5月10日時点で、4.5万の「いいね」。
コメント1 フィリピン人の友人(40代女性、ラグナ州在住)にこの話を共有。
「亡くなったお母さんを思い出した」とのこと。1世代前は、ほうきの手作りしていたようで、それが多くのフィリピン人の琴線に触れたのでしょう。
コメント2 交渉の第一歩は「まずは話してみる」というところから始まります。 老婆は、現金と食料を得ることが出来た。 警官は、ルールを順守させ、新型コロナウイルス蔓延の原因を絶つことが出来た。 両者のニーズは満足できたわけです。 文化が違えば、勤務中に勝手に自費で買い上げて送り返す、ということは発生しなかったでしょう。
参照
オロキエタ市Facebook Page
https://mobile.facebook.com/peopleoforoquieta/posts/2594343080806049?_rdc=1&_rdr

現地メディア
◆Philippine News (全3枚の写真はこちら)
https://philnews.ph/2020/04/07/generous-police-trainee-helps-old-grandma/

◆Inquirer
https://newsinfo.inquirer.net/1255165/kindness-in-the-time-of-pandemic-cop-trainees-public-service-f…

ダバオ市封鎖中のちょっと良い話 

イメージ
幸せな出会い
数夜前の午後10時頃に家に帰る途中で、制服を着た男性が配置したチェックポイントで車に警告が出されたとき、若い警官が私の側に行きました。


警官:こんばんわ。どちらに行きますか、マダム? 女医:家に帰るところです。 警官:どこから来ましたか?遅いようですが。 女医:病院からです。(身分証明書を見せる。) 警官:あなたの病院に妻が入院しています。もうすぐ出産なのです。 女医:(彼のIDカードの名前を見て)奥さんは〇〇〇△△△さんじゃないですか? 警官:そうです。そうです。
警官:(ハッと気づいたように)貴方はドクター・イバレタではありませんか? 女医:(それには答えず)産まれましたよ。どうしてまだ退院させないの?
警官:退院のためのお金を使い尽してしまいました。     妻の出産の費用が予算よりも増えてしまって。     それにこの緊急事態で任務も増えて身動きがとれません。   
女医:(私の心は彼のところに行った。彼は深く考えているようだった)    何か助けになることはないか?
         お互いに助け合うことは出来ないか?(沈黙)
女医:もし私が”医者料”を無料にすると言ったら、あなたはOKですか? 警官:いや、それは恥ずかしいです。そんなにして頂かなくて結構です。 女医:どうしてですか。恥ずかしいのは私の方ですよ。    あなたは国(市、公)に貢献しています。
警官:(この瞬間、同僚たちに私を紹介した。社会的距離を保って)    この人、私の妻のお医者さんで、さっき妻が出産したと教えてくれた。
同僚は皆彼に歓喜の声をあげた。
女医:これらの男性がニュースで歓喜しているのを見て面白がっていました。 警官:何か夜のおやつある? 男性の警官:パンがいっぱいあるよ。
女医:????。私は友人からもらった輸入品のコーヒーのボトルを渡した。    ギフトラップついててゴメンね。
男性:歌を歌い始める。(女医の誕生日と勘違いしたらしい) 女医:違うわよ。まだ先よ。 男性:Happy Birthdayを真夜中に合唱する。 女医:なんて祝福された夜だ!
Dra. Imelda Macayra Ibarreta - Davao City, Philippinesの話 出典 https://web.facebook.com/raymond.lumantas.9…