投稿

2018の投稿を表示しています

ダバオッチに掲載されました 

イメージ
ダバオッチ(Davawach)記者が、アポ山のコーヒー生産地を訪問しました。
記者は大学生(ミス宮崎大学)。
彼女は初訪問で、彼女なりの視点から書いています。

Pls see
https://davawatch.com/articles/2018/12/10/11816.html

記事の最後”おまけ”にかなり面白い写真があります。
フィリピンにも、こんな変わった素敵な人・家があるんだと驚くこと請け合いです。

One Japanese intern in our group company visited coffee village in Mt. Apo.
There are wonderful photos, especially the last ones.
You will find the very fine people and house in Bansalan.




私としては、今回の訪問では以下が特に嬉しいことでした。

1)お金を貸した農家が約束を守ってくれた(乾燥施設の建設)。
  借金に関して初めて約束を守ってくれた。
  フィリピンに関わって15年。初めてのことです。

2)重点的に買い付けたコーヒー農家の家が、木造→一部コンクリートへ改修されていた。お陰様で、生活に少し余裕が出来ました。

3)昨年に比べ、豊作。

4)ダバオッチ記事の最後に出てくるお宅へ訪問出来たこと。

土壌の浸食は進んでおり、土自体も、有機物が少なく固い。
持続的な野菜生産には、適していない。

Coffee treeベースのAgroforestry への転換が喫緊の課題。以上



通販・オンラインでの購入について How to buy the Mindanao Coffee thru Online?

イメージ
どこでフィリピンのコーヒーが買えるのか、飲めるのか?
How to buy the Mindanao Coffee thru Online?

問合せが来ていますので、以下に回答致します。
サザコーヒーの定期頒布会「サザ・ファーストクラス」で購入することが出来ます。

パンフレットが手元にない場合は、インターネット「サザ・ファーストクラス」から注文できます。


http://www2.enekoshop.jp/shop/coffee/item_list?category_id=176582

11月(November)  
・サザ農園ゲイシャ(Saza Farm, Geisha, Columbia), 1,950m, Washed
・フィリピン(Philippines), 1,350m, Catimor, Natural, Honey

12月(December) 
・グアテマラ・ナチュラル サンセバスチャン農園
    Guatemala, Natural, San Sebastian, Bulbon, 2,000m, Natural ・エチオピア・ゲイシャ村
    Ethiopia, Geisha, Geisha Village, 1,900m, Natural
1月(January) 
 ・パナマ・ゲイシャ エスメラルダ      Panama, Geisha, Esmeralda 1,700m or above, Washed
・ケニア カリンドゥドゥ 
    Kenya Karindudu, SL28, SL34, 1,700m-1,800m, Washed
毎月2つのセットになり、ゲイシャと何か別の1種が届きます。
11月の注文で、ミンダナオのコーヒーがサザ農園(!)のゲイシャと一緒に届きます。

サザ農園は2017年8月、コロンビア国内32農園参加中優勝。コロンビア国は、アラビカ生産量では、ブラジルに続いて世界第2位の大国です。国として、フィリピンとは大人と子供ほどの差があります。




とはいえ、フィリピンも2016年よりは収穫や選別において進歩しました。 2018年の写真のコーヒーは、フィリピン国内のコンテストで準優勝したナチュラルの原料になったものです。それは「サザ・ファーストクラス」にも入っています。








サザ・ファーストクラスの11月~1月のラインナップは、世界トップクラスの農園のコーヒ…

フィリピン国ミンダナオ島のコーヒーを取扱い頂いているお店7選 Seven (7) Cafes that deals with Mindanao, Philippines coffee in Japan

イメージ
日本でミンダナオのコーヒーを扱っているお店
In Japan, the followings shops/cafes deal with coffee from Mindanao, Philippines. 
1)ARiSE COFFEE ROASTERS (東京都江東区清澄白河)
http://arisecoffee.jp/
https://goodcoffee.me/coffeeshop/arise-coffee-entangle/

2)江戸深川珈琲本舗(東京都江東区門前仲町) Edo Fukagawa Coffee Honpo
https://kotomise.jp/shops/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%B7%B1%E5%B7%9D%E7%8F%88%E7%90%B2%E6%9C%AC%E8%88%97/
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13118094/
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13040289/
3)サザコーヒー(茨城県ひたちなか市、品川Ecute、丸の内KITTE(東京駅))
Saza Coffee Co., LTD. http://www.saza.co.jp/index.php

注)通販のみ(サザ・ファーストクラスにて11月分予約開始)
http://www2.enekoshop.jp/shop/coffee/

4)SHUPLACE COFFEE ROASTERS(大阪府福島区)
https://shuplace.com/
オンラインショップ(ミンダナオの在庫はお確かめください)
https://shuplace.com/coffee/shouhin/9scene.html
5)SAMUEL ROASTERS (東京都墨田区両国)
https://www.facebook.com/Samuel-Roasters-1500124146963979/
6)ミッション企画(群馬県前橋市) 
Mission Kikaku LLC
https://www.missionkikaku.com/
7)珈琲屋台ひばり屋(沖縄県那覇市)
Coffee Yatai Hibariya http://hibariya.blog66.fc2.com/
https://www.facebook…

Mt. Apo コーヒー生産地訪問 (2018年10月21日)

イメージ
ダバオ市→バンサラン町→コーヒー生産地まで(日帰り行程)

1)エコランド・バスターミナル(Davao City)→バンサラン町(約2時間) 軍による荷物検査がある。10秒ほどで終わる。 少し手間だが、治安には役立っている。
初めてオープンフィンガーグローブを着用して検査をしている軍人を見た。

オープンフィンガーグローブはブルースリーが現在の形に近いものを考案している。天才が道具を作り出し、それが総合格闘技の発展に伴い定着した。このグローブの利点は、1)ボクシンググローブと異なり指が使えること、且つ、2)素手にくらべ顔面を殴打の際のダメージを軽減出来ること、と考えられる。

フルコンタクト空手では、素手で攻撃できるが顔面は殴打しない。
伝統派空手では、グローブを着用して寸止めによる顔面への攻撃が可能。

1970年頃から極真会館のフルコンタクトルールが広まったが、近年では伝統派空手の選手の総合格闘技での活躍などから伝統派のルールが見直される傾向にあった。2020年のオリンピックがその流れに拍車をかけた。

顔面攻撃がないルールは、格闘技として間合いや防御において弱点になる。一方でフルコンタクトを1つの体系として捉え、また純粋に好む人も多い。どちらも練習できれば良いが、薄いグローブでは怪我をしやすく注意が必要だ。直接打撃とポイントの折衷案や割り切ってグローブを使用する空手の流派もある。

フルコンタクトの空手と伝統派の空手の関係は、そしてフィリピンの極真空手は今後どうなっていくのか考えさせられる移動となった。


バンサラン町→コーヒー生産地(約1時間)



有機農業で著名なLao Integrated Organic Farm, Inc. の直営店。 フィリピンの他の地方からの視察も多い優良農園。


ヤギの乳やココナツシュガーを使用したパン、クッキー、ターメリックティー、レモングラスティーなど健康的な食品(Healthy Food) を扱う。
新製品のパッションフルーツヨーグルト。
ヤギの乳を使っているが、臭みは全くなし。 1カップ12ペソ(28円)。

バスターミナルに隣接して公設市場がある。 1階は日用雑貨、衣料品、2階はフードコートなど。


公設市場のモーターバイクのたまり場。 標高1,500mの生産地まで行ってくれる。 日焼けに要注意。

Saza Coffee のパンフレット(…