投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

ダバオ市における新型コロナに関する行政命令など Davao City Executive Orders related to Covid-19

イメージ
ダバオ市における新型コロナに関する行政命令など(3月12日~4月26日まで)
矢継ぎ早に繰り出される行政命令や市長の発言のうち、主なものをまとめました。 行政に「尻を叩かれる」思いです。先手先手とはこのことかと。 住民にも規律があり従順に従っています。

Major Executive Orders of Davao City and Public Announcements are summarized.  How fast the actions of the City.
Effective administrative orders are prepared and enforced promptly. The public follow the orders with their discipline.

以下は、事実(発表)の羅列ですが、1点私の感想・解釈を述べます。
4/14に、サラ市長は、自分の1年間の給料に相当するP2.1millionを感染症対策指定病院のSouthern Philippines Medical Centerの職員(Medical Frontliners)に寄付する、と表明しました。

自分の指示で、人が命の危険にさらされる、けれど無理でも頼まなければいけないという状況でやや繊細に心が動いたのだと私には思われました。

“I contemplated to use this as trust fund for SPMC employees who tested positive,” the Mayor told The Inquirer.
「このお金はSPMCで陽性となってしまった職員のための基金に使うことを検討した。」

“I know this cannot compensate for all the fear, anxiety, and exhaustion. Money cannot make up for everything but at least they would have some money that they can use,” she added.
「恐れ、心配、疲労のすべてに報いることは出来ないことは分かっている。お金がすべてを補償することは出来ない。しかし、少なくともいくらかのお金を彼らが使うことが出来る…

フィリピン国空軍機でダバオから邦人24名が退避

イメージ
3月26日(約1か月前)のことですが、迅速なオペレーション且つフィリピン国空軍からもチャーター機の無償提供という友好の証もありましたので、以下に書き留めておきます。

<要約>
関係機関の連携:ダバオ総領事館、セブ日本人会、フィリピン観光省、ダバオ市、フィリピン空軍連携が効果的であった。友好:フィリピン空軍は、無償で飛行機(C295)を提供迅速:ダバオ国際空港到着21時15分から、手続きを終え離陸までに要した時間1時間
2020年3月26 日午後10時過ぎ、27名(24名の邦人及び3名の比人)が、フィリピン空軍機C295 でセブへと脱出した。その後比人は27日、邦人は28日のチャーター機で成田に向かった。このオペレーションはダバオ総領事館、セブ日本人会、フィリピン国空軍、ダバオ市、観光省の連携によって行われた。邦人24名は、現地駐在員及びその家族、NGO支援者、語学留学生らで旅行者は1名であった。比人は日本人配偶者、日本在留資格を持つ者、渡航が決定していた介護士の3名であった。


<時系列> 1.2日前
2.当日
3.夜8時に領事館集合
4.ダバオ国際空港

1.2日前
退避2日前(3月24日)に、「ダバオ空港からセブへのチャーター機が飛ぶらしい。総領事館が動いている。セブからは東京行の飛行機に乗れるように調整している」との情報がダバオ市の邦人に伝達された。
ダバオ市では、すでに国内線・国際線ともに運航を停止しており、またコミュニティ検疫のため陸路の移動も制限されている中で、これが当面最後の出国チャンスであった。
2.当日午後 当日は、16時にダバオの旧空港近くのミンダナオ開発庁に集合予定であった。邦人は、各自待機したまま最終案内の連絡を待った。当該の空軍機が医療用品を輸送するために、別途使用され、午後6時に、集合場所・時間の変更の連絡が伝達された。 結局、夜20時に総領事館に集合になった。
3.当日20時 幹線道路に渋滞がない。一度も信号に止められることなく3KM(DAMOSAから、領事館まで)を走行できたことに驚く。
19時45分ごろ総領事館の駐車場に到着。邦人が既に何人か集まり、3グループほどに分かれて立ち話をしていた。私がバンを来ていたため、松田家の荷物はバンに移動。2日での準備・荷造りは大変だったでしょう。


9時以降はダバオ市の行政命令で外出禁止の時間帯になるため、見送りの…