投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

ミンダナオ島地震2019 概要及び個別の事例 (国際赤十字、国連の情報及び現地インタビュー)

イメージ
フィリピン火山地震研究所(PHILVOLCS)によると、16日(M6.3)、29日(M6.6)、31日(M6.5)を記録。M5、6クラスの余震も続いていた。震源地は北コタバト州トゥルナン町近くで、同町、キダパワン市、マキララ町、南ダバオ州バンサラン町で被害が大きかった。
■概要(10月31日) 影響 29349世帯、146,745人、149バランガイ、ダバオ地方及びソクサージェン地方 避難(避難所): 4,127世帯、20,635人 避難(避難所外):1,370世帯、6,850人 死者:17人 怪我:327人 行方不明:2人 家屋:全壊6,429、一部損壊20,921 学校:全壊2、一部損壊755 医療施設:全壊0、一部損壊37 他の公共施設:全壊4、一部損壊26 道路・橋梁:全壊0、一部損壊16 (参照:International Federation of  Red and Red Crescent Societies,  Cross、2019年10月31日付 https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/MDRPH036ea.pdf)

■概要(11月4日) 影響 188,000人、240バランガイ、 避難(避難所): 24,000人 避難(親類宅など):7,500人 *マキララ町では、100,000人以上が影響を受け、テント生活を余儀なくされている。     特に8つのバランガイでは全員が避難した。
死者:22人 怪我:420人以上 家屋:全壊21,000、一部損壊7,200(筆者注:数字が逆と思われる) 学校:870以上 医療施設:70以上 他の公共施設:80以上 道路・橋梁:25か所
United Nations OCHA、Flash Update No. 3 Philippines: Tulunan, North Cotabato Earthquakes As of 4 November 2019, 5pm  https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/20191104%20Flash%20Update%20no.%203%20Tulunan%20North%20Cotabato%20earthquakes.pdf…