投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

Davaoの企業がTokyo Cafe Show2018へ参加

イメージ
東京カフェショー(Tokyo Cafe Show 2018)にダバオからコーヒー、カカオ、ココナツの会社が参加することに内定しました。主催はDepartment of Trade and Industry, Davao Regional Office (フィリピン国貿易産業省ダバ地方事務所)(Regional Director 事務所長 Ms. Maria Belenda Q. Ambi)。


2018年6月12日 9:30~12:00  個別商談会 於在日フィリピン大使館 2018年6月13~15日 10:00~17:00  ブースにて展示・商談。 2018年6月15日 15:00~16:30 セミナー「ダバオ(ミンダナオ島)産カカオ、コーヒー、ココナツ関連製品について」が行われます。(参加無料) 【発表者/Contents】 ・Coconut: Ms. Maria Belenda Q. Ambi (Regional Director, DTI XI) ・Coffee:Ms. Myrna P. Pablo (Regional Director, DTI CAR) ・Cacao:Mr. Edwin O. Banquerigo(Assistant Regional Director, DTI XI) ミンダナオ島はフィリピン国の面積の約3分の1で北海道より大きく、肥沃な土地でフィリピンの食糧庫と呼ばれています。上記の農産物はミンダナオ島において生産量が多い一方で、国全体としてみるとカカオ製品やコーヒーは輸入量の方が生産量を上回るという皮肉な状況にあります。
2017年ダバオ市はチョコレート・キャピタル宣言を行いました。国内生産の約8割がミンダナオ島、そのうちダバオ地方から多くが収穫されており、現在は官民一体でプロモーションに力を入れています。今回も最多7社が参加予定です。

貿易産業省ダバオ地方事務所(5/16) ブースのデザインを皆で検討。司会Mr. Edwin副事務所長。
フィリピンからTokyo Cafe Showへは初参加。

コーヒーに関しては、COFFEE ROADMAPが2017年に策定され、国及び地方レベルで関係者による評議会が組織され、各地域のニーズにあわせた活動を展開中です。

ココナツは、世界でも作付面積で2位、生産量3位で安定した供給が見込めます…