投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

ダイヤモンドオンライン記事の補足(1) コーヒーコンテスト優勝(2016年)の経緯について

イメージ
ダイヤモンドオンライン記事の補足(1) コーヒーコンテスト優勝(2016年)の経緯について
記事でコーヒーコンテスト優勝(2016年)に言及して頂きましたが、文字数に制限があり、どうしても十分には説明にはしきれておりません。優勝までの取り組みが、容易だったのか困難だったのかを、より明確にする目的で以下綴っていきます。
断っておきますが、ライターさんは1時間半のインタビューから簡潔に流れるストーリーを構成して下さいました。以下には、インタビューの際に端折った細かい内容も含みます。
ダイヤモンドオンライン記事から (引用開始)少しずつ選別の精度が上がって来た時に追い風が吹く。前述の元コーヒー製造販売業者の知人をフィリピンに呼び、さらなる豆の選別をトレーニングした時にダメ元で応募した「第2回フィリピンコーヒー会議」(2016年11月にバギオ市で開催)のコンテストで優勝してしまったのだ。(引用終わり)
2016年に最初に生豆を入手してから優勝するまでの経緯は以下の通り。

2016年 1月 入手及び評価 現地NGOにお願いして、生豆2キロを入手。 ナチュラルとウオッシュド各1キロで生産者の氏名の記載有。 日本で大手コーヒーメーカーのOBの方(M氏)が手で選別したものを、その会社の研究所でテスト焙煎及び評価して頂いた。結果は良くポテンシャルが認められた。 実際に酸味と甘みがあり、好ましい風味であった。
3月 現地訪問 Mt. Apoの生産地を初訪問。 ローカルバイヤーが買い取りを中止し、17トンのうち10トンが売れずに残っていた。 生豆はAll-inと呼ばれる未選別の状態。


標高1,300~1,700mでは高付加価値野菜の栽培が盛んであり、土壌流出対策が課題であることは一目瞭然であった。現地NGOは約10年まえから農民にコンタクトを取り、伐採と野菜の過耕作を止め植林を勧めていたが、生活が懸かっている農民はどうしても折り合えなかった。しかし、農法に持続性がないことは農民も理解し、長い話し合いの末、数年前にコーヒー樹を植えることで合意した経緯がある。苗木の間に野菜を植えることが出来るため、収入を大きく下げることにはならなかった。とは言っても、2~3年間、収益のないコーヒー樹を導入する決断をした農民の勇気とNGOのリーダーシップに尊敬の念を抱かざるを得ない。マーケティングを通じてコーヒー…

ダイヤモンドオンラインに掲載されました

イメージ
ダイヤモンドオンラインに本日(7/12)付でフィリピンのコーヒー事情および弊社の取組みが取り上げられました。(本記事は無料)
 取材場所:ビックサイト
 取材日 :CafeRes Japan開催中(6/15)
 備 考 :貿易産業省ダバオ地方事務所長マリア・ベレンダ・Q.アンビ氏へも取材。
      約1時間半のインタビュー。
 内 容 :背景、活動、成果、ビジョンの一連の流れが記載されています。

1時間半にわたるインタビューを的確にまとめて頂きました。
この度は、記者及び出版社の関係者の皆様ありがとうございました。

フィリピン産コーヒーの「復活」を仕掛ける日本人の思い | 消費インサイド | ダイヤモンド・オンライン

文字数の関係で、記者さんが話した内容を取捨選択してストーリーを構築して下さいました。以下の環境と栄養の観点は私が端折ったといいうか、話をそこまで展開させられなかったという反省があり、以下に簡単に補足します。

【環境】
環境に関して、野菜の過耕作からコーヒー樹をベースにしたアグロフォレストリーへの転換が、関係者(行政、NGO、少数民族)から期待されています。フィリピンの森林面積は、24%ほどしかありません。


【栄養】
フィリピン人は砂糖を多く含むソフトドリンクを飲み過ぎです。
下記健康効果のあるブラックコーヒーをもっと消費して欲しいものです。
・脂肪燃焼
・(肝臓)がん予防
・糖尿病予防
・アルコール性肝炎予防
・パーキンソン病予防
・脳卒中、心臓病予防
・うつ病予防
・痛風、高尿酸血症予防
・皮膚がん予防
・便秘
・片頭痛
など(参考:珈琲1杯の元気、岡希太郎著、株式会社医薬経済社、2015年)

日本人には知られているコーヒーの健康効果ですが、フィリピン人は砂糖やクリームのたっぷり入った甘いインスタントコーヒーをよく飲みます。原料もベトナムやインドネシア産コーヒーで2重にもったいないことをしています。

ソフトドリンクや甘いインスタントコーヒーを飲む
→糖尿病
 →欧米の薬を買う
  →「私たちは貧しい」

せめて、白米とコーラを一緒に摂取するのは止めるように栄養教育をするべきです。
森林環境保全や栄養保健について、国の大きな課題であり、また別の機会に書いてみたいと思います。

【サンプルなどお問合わせ】
問合せはFacebookのメッセージからお願いいたします。

CafeRes Japanに参加した11社の情報(社名、連絡先、製品など)

イメージ
CafeRes Japanにはダバオから11社が参加しました。 11社の情報を以下にまとめておきます。
1.MALAGOS AGRI VENTURES CORP. ・URL:http://malagoschocolate.com/ ・Facebook:https://www.facebook.com/malagos.chocolate/ ・電話:+63 (82) 221 8220 ・主な製品:ダークチョコレート、焙煎カカオ豆、カカオニブ等 【コメント】 1)国際的なコンテストで様々な賞を受賞。 2)ダバオ市にチョコレートの体験型パーク施設を所有。 3)チーズも美味しい。(http://malagosfarmhouse.com/
2.NUTRARICH NUTRACEUTICAL INNOVATIONS ・Facebook:https://www.facebook.com/nutrarichdavaofinetablea/ ・電話:+63(82) 227 1053 ・主な製品:チョコレートタブレア、その他カカオ製品 ・Contact Person: Harleen Moya U. Jao ・Telephone No: +63(82) 227 1053 ・Mobile No: +63(917) 868 0588 【コメント】 1)化学工学専攻の娘さんがココナツオイルを配合した滑らかなチョコレートディップを市場に送り出していました。原材料に占めるカカオマスの割合も大きく、十分に美味しかったのですが、定番商品にはなりませんでした。 2)今回、クリーム感の強いドリアン・チョコレートを展示会で提供していました。ダークチョコの苦みとドリアンの甘さがマッチしていた。
3.EPL CACAO PRODUCTS ・Facebook:https://www.facebook.com/cacaodedavao/ ・電話:+63 (917)250 2226 ・主な製品:チョコレート、タブレット、カカオパウダー、カカオニブ等 【コメント】 1)SM Lanag, SM City Davao, Abrezza Mall、SM Premier Cagayan de Oroに支店 ダバオ市では、上記の大型モールに出店中。 チョコドリンクやカカオ含有量の高いブラウニーも販売。 珍しくカカオバター(ホワイトチョ…